メッセージ

営業の現場から

サカエという会社

サカエという会社に引き込まれて入社を決めました。
会社に惚れ込んで入社。今後の目標は「サカエといえば奥村」と言われるくらいになること。多くの方から必要とされる営業マンになりたい。

東大阪営業所奥村剛画像

富山営業所 奥 村 剛
大阪経済大学 経営学部卒
平成18年入社

サカエに入社しようと思った決め手のひとつが「ルートセールス」。 同じお客様に何度もお会いしてコミュニケーションを図る。
 人と人とのつながりを大切にするというホウシンに魅力を感じたからでした。 学生時代に経験した販売業のアルバイトでもコミュニケーションの重要性を感じ、 また当時の経験が今の営業でもとても役立っています。

 僕の就職活動は周りより遅いスタートでした。 そのせいか一次面接を落ちること多数。落ち込んで不安にもなりました。 でも「前に進んで行くしかない」と思ったときに出会ったのが「サカエ」。 担当者の「日本のモノづくりに貢献する仕事」という言葉に夢が膨らみ、 「よし、この会社だ」と一気に不安が消えました。当時、家族にも 「こういう会社に行きたい」とサカエの話をしたんですが、意外にも兄から 「うちの会社でもサカエの製品使ってるよ」って言われたんです。 改めて「サカエ」を身近に感じましたね。
 入社半年後、お客様から注文に対して、間違えて全く別の製品を納品してしまった事がありました。 もちろんクレームがきて平謝りです。でも、何とか予定日までに正しい製品を納品すべく懸命に現場との調整をし、結果事なきを得ました。 最後にお客様から、「失敗は誰でもある。次からまたがんばって!」と励ましの言葉まで頂けたんです。 改めて人と人との繋がりというものを大きく感じました。この事がバネになったのか、その半年後には大きな仕事が連続で決定。 とても嬉しかったですし、改めて営業のおもしろさというのも感じました。
 サカエの仕事をひとことでいうと「やりがいがある」という事です。 自分の力を伸ばせることができて、そして伸びた分だけ評価を受けられる。 意欲を持った後輩をお待ちしています。

Copyright(C) 2004 SAKAE All Rights Reserved.